自然にトイレのつまりが直ることもあるの?

トイレットペーパーのつまりは自然に直る可能性が高い

トイレットペーパーによるトイレのつまりは意外と多い原因です。なかなか汚れが取れないからとトイレットペーパーをたくさん使ってしまったり、小さな子供が遊びの延長で大量のトイレットペーパーを流してしまったりすることがあります。トイレットペーパーがつまってしまうとあせって何回も水を流してしまう人もいますが、トイレットペーパーのつまりは何回も水を流すよりも時間をおいて放置することが効果的です。 トイレットペーパーは非常に優れた水溶性の紙です。水に浸しておくと徐々に繊維が溶けていきます。そのため、時間をおいて放置することで、自然とつまりが解消される可能性が高いです。おおよそ2時間程度放置して、再度流すとあっけなくつまりが解消されたという例も多いですよ。

排泄物のつまりも時間を置けば自然に直るかもしれない

排泄物でトイレが詰まってしまった場合、とても焦りますよね。特に、出先や他人の家で詰まってしまった場合は恥ずかしさもあるでしょう。ですが、この場合も焦って何回も水を流してしまうことはおすすめできません。なぜなら、何回も水を流すことによって水量が減ってしまい水圧も低くなるため、排泄物を流す水の力が弱まってしまうからです。
まずは、タンクに十分な水がたまるのを待ちます。タンクに水がしっかりとたまったら、再度流してみましょう。水圧が充分になっているので流れる可能性があります。それでも流れない場合は、放置して時間が経つのを待つことがおすすめです。放置することで、排泄物が徐々に溶けて小さくなります。塊が小さくなることで自然と流れやすくなることが期待されます。